オフロードの名車「XL250R」

ホンダのXLシリーズといえば、オフロード用のモデル、いわゆるモトクロッサーを公道用にアレンジして作られたものという印象が強いですが、XLシリーズの初期のころは実はそういったオートバイではありませんでした。

 

もともとはオンロードもオフロードも走れるマルチパーパスモデルとして作られていたもので、どちらかというとオンロードをメインとして考えられていました。

 

しかし、当時オフロードバイクの人気が高く、ライバルであるヤマハのDTシリーズが大人気となり、それに対抗馬としてこのXLシリーズの250ccモデル、XL250をオフロードモデルとして作り替えたのがXL250Rというモデルなのです。

 

ヤマハのDTは250ccの2ストローク単気筒エンジンを搭載し、非常にピックアップの良い走りができていましたが、XL250Rでは、4ストローク好きのホンダの意向により、XL250で使っていた4ストローク単気筒エンジンを搭載することになり、DTとはまた違った走りとなっていました。

 

この頃、二輪車界を賑わせていたのが、新しいリヤサスペンションの開発で、このXL250Rにもホンダ独自の新しいリヤサスペンション構造のプロリンクが採用されていました。

 

それまでのリヤサスペンションは左右に一つずつスプリングとショックアブソーバーが一体となったが付けられ、それによってスイングアームを支えていたわけですが、このプロリンクはスプリングとショックアブソーバーの組み合わせをちょうどシートの下に寝かすように取り付け、それをスイングアームにつけられている複雑なリンクで動かすような仕組みとなっているもので、スイングアームの動きの量によってサスペンションの動きを可変させることができるようになっています。

 

これは、当時のホンダのモデルに続々と採用されていき、その内に一つがこのXL250Rというわけです。