V型2気筒エンジンのロングセラー「VT250F」

それまでの中型モデルというのは2気筒や4気筒という直列エンジンを使うのが当たり前のことでした。

 

しかし、メーカーは次なるエンジンとしてV型エンジンの採用を考えていました。

 

オートバイによってV型エンジンというのは、例えば2気筒エンジンでも直列エンジンよりV型エンジンの方が幅が出ないため、転倒時の損傷や空気抵抗などを考えるとメリットが大きいものなのです。

 

そこで、オートバイメーカーは直列エンジンに見切りをつけて、V型エンジンの開発に総力を挙げていたのでした。

 

そういった中で新たに開発したV型エンジンを初めて市販モデルに採用したのが、250ccクラスのVT250Fというモデルでした。

 

このモデルではV型エンジンを縦置きにし、エンジンがフレーム内に完全に収まるような形で搭載しました。

 

このエンジンはパワー的にはそれほどではありませんが、V型エンジン特有のトルクのあるパワー特性が街乗りなどで利便性をもたらしていました。

 

当時は直列エンジン派が主流で、V型エンジンは邪道だといわれていたのですが、次第にV型エンジン搭載モデルが発売されるのに伴ってだんだん認知されるようになっていきました。

 

このモデルでは更にもう一つの新しい試みがありました。当時のオンロード向けのオートバイというのは前後のタイヤの大きさを同じとしていました。

 

しかし、VT250Fでは、後輪はそれまでの250ccクラスに使われていた18インチとしていましたが、前輪だけ16インチと一回り小さなタイヤを付けていたのです。

 

これによってコーナーリング性能を高めることができたのですが、低速域でUターンをするような運転をすると、前輪が内側に切れ込んでしまう傾向があり、それによってなんてことのないUターンでも慣れないうちは、「コテッ」っと倒れてしまうことがよくありました。

 

それからもう一つ新しい試みとしてカウルの装備がありました。当時はセミカウルにしてもフルカウルにしてもすべて違法改造とみなされていました。

 

しかしVT250Fでは正式に認可を受けて、市販車両として初めてのカウルを装備したモデルとなったのでした。