2ストロークエンジンのスーパースポーツバイク「NSR250R」

ホンダは昔から4ストロークエンジンを作るのが得意で、自身もそういった傾向があることが分かっているようで、市販車両においてはほとんどのものが4ストロークエンジンを搭載していました。

 

しかし、最大のライバルであるヤマハはその正反対で、2ストロークエンジンを得意としており、RGシリーズやRZシリーズ、オフロードバイクのDTなどで成功を収めていました。

 

当時の販売に主力となっていた中型クラスでは4ストロークエンジンモデル、2ストロークエンジンモデル共に人気が高く、どちらもよく売れていた中で、2ストロークに弱いホンダとしては、何とかして2ストロークエンジンモデルをヒットモデルにしたかったわけです。

 

そこで作り出したのが、NSR250Rの前身モデルとなるNS250Rで、ヤマハのRZ250Rに対抗することができるモデルとして投入しました。

 

しかし、その後ヤマハは次なる2ストロークエンジンモデルとしてTZR250を投入し、絶大なる性能と人気を持つこととなりました。

 

ホンダも黙っていはいません、NS250Rの後継モデルとして直列2気筒エンジンに対抗して、NSシリーズ譲りのV型エンジンを搭載したモデルを登場させたのでした。

 

このモデルはレーサーレプリカなどといわれていますが、見た目は確かにそうかもしれませんが、レプリカどころのものではなく、このままレースに出てもいけるぐらいの優れた性能を持つモデルとなりました。

 

モデルとしては全部で4種類あり、初代モデルから、NSR250RG、NSR250RJからRK、NSR250RLからRN、NSR250RRからRTといった呼ばれ方をします。